カー・ホームセキュリティ専門店 プロテクタ

操作方法

各部名称及び機能]

(1)スピーカー
チャイム音や異常発生時の大音響サイレンを鳴らします。

(2)モード インジケーター
システムのモードの切替時に使用します。
AC 電源の供給がストップすると30秒後に現在の警戒モードの LED が点滅します。警戒開始遅延時間中は外出警戒の LED が点滅します。
(3)モード切替ボタン
各警戒モードの切替時に使用します。
警戒レベルを上げる時は、各モード切替ボタンを数秒間長押しするだけで 設定変更が出来ます。 警戒レベルと下げる時は、暗証番号を入力しないと操作できない様になっており、警戒レベルを下げることはご家族や身内の人以外は出来ない、安全・安心なシステムになっています。

(4)キーパット
暗証番号の入力する時に使用します。
[*] ボタンを押すと、入力をクリアーすることができます。
(5)ステータスインジケーター
登録されたセンサーそれぞれの状況を赤色 LED で表示します。
センサーが取り付けてあるドアや窓が開いていると、LED は点灯します。 ゆっくりと点滅している場合は警戒中に作動したセンサーを表示しています。 短い点滅をしている場合は、電池交換が必要なセンサーを示しています。

こんなときは、この警戒モードで!

日中は「チャイムモード」でドアベルとして

夜、お休み時は「在宅警戒モード」でお家にいながら警戒

お出かけ時は「外出警戒モード」でしっかり警戒