はじめに

製品ラインナップ

その他のセキュリティー

アクセサリー

車種タイプ別で選ぶ

お問合せ

お住まいの地域のグループ店までお気軽にどうぞ。

お問合せフォーム

ハリアー

●セキュリティ選びのポイント

トヨタハリアーは、海外ではトヨタの高級車ブランドであるレクサスで販売されるラグジュアリーSUVの元祖ともいえる代表モデル。純正イモビが標準装備でありながら関東を中心に車両盗難の被害が多数発生しており、十分な対策が必要な車種といえます。
自走盗難をさせないためにイモビライザーはデュアルポイントのものがオススメです。またボンネットをこじあけ、バッテリー端子を外される手口が多いので、バッテリー端子を外されても鳴り続けるバッテリーバックアップサイレンも必要です。またレッカー移動などを想定し車を持ち上げられた際に警報を鳴らしたり、タイヤ・ホイールの盗難に効果のある傾斜センサーなども有効です。

●お勧めセキュリティシステム

リモコンへのアンサーバックを必要とするならば、パンテーラZ305Z705などがよいでしょう。
リモコンへの通知が不要な場合はクリフォードインテリガード770Jインテリガード870Jなどがオススメです。

 

ランドクルーザー70専用セキュリティパッケージ

ランクル70

待望の”70”が生産期間限定で復活しました。「ここで車が故障したら死ぬしかない」世界中のそんな悪路を走り抜け、絶大な信頼を得ている車です。その人気から狙われる危険性は非常に高く、しかも限定生産ですので、盗まれたら後がありません。そこで、セキュリティーを知り尽くしたプロテクタは、ランクル70に必要な”タフ”なシステムを、ランクル70オーナー様のために開発しました。

ランクル200系専用セキュリティパッケージ

ランクル200系のカーセキュリティ、サンシェードはプロテクタにあります!

ランクル200オーナーの皆さんの悩みのひとつ、それはセキュリティー!
あのランクル100の後継車オーナーとしては当然ともいえるそのお悩みに、プロテクタが答えを用意いたしました。機種選びと取り付け店選びはセキュリティーでは重要です。 安い機種を選んだら、誤作動ばかりで結局載せ換えた、お店のサポートが悪くセキュリティーの調整がうまく行かないなど、よく聞く話です。 いろいろな意味で、後悔しないためのパッケージ
がここにあります。
最高の店で、ランクル200のためだけに考えられたセキュリティーを取り付けて、失敗しないセキュリティー装着をしましょう!

ランドクルーザープラド専用セキュリティパッケージ

ランクル プラド

ランクル200系の弟分の「ランドクルーザープラド」が、約7年ぶりのフルモデルチェンジで4代目へ。安心と快適をキーワードにプロテクタグループ渾身のオリジナルパッケージ登場です。ランドクルーザープラドはプロテクタオリジナルプラド専用パッケージがお守りします。

FJクルーザー専用セキュリティパッケージ

FJクルーザーのセキュリティーはFJクルーザー専用パッケージ

FJクルーザー日本上陸!

この車にかけるプロテクタの情熱は並みのものではありません。 愛知本店のデモカーとして常に身近に接してきました。もちろん熟知しています。パンテーラとの相性もバッチリです。★FJのセキュリティはプロテクタにお任せ下さい!


ハリアー

トヨタハリアーは、海外ではトヨタの高級車ブランドであるレクサスで販売されるラグジュアリーSUVの元祖ともいえる代表モデル。純正イモビが標準装備でありながら関東を中心に車両盗難の被害が多数発生しており、十分な対策が必要な車種といえます。

ヴァンガード

ヴァンガード

世界のトヨタ自動車が「知的でアクティブな人を中心に人気が高まっているSUV車に、豊富な人生経験をもち、人生をアクティブに楽しんでいる方々や毎日を積極的に楽しむファミリーなどにご満足いただけるクルマに仕上がった」と胸を張るヴァンガード。 優れた燃費性能を追求し、2.4リッター車は1リッター当たり12.6kmの低燃費で「平成22年度燃費基準+20%」を達成しています。さすが知的水準の高い車!

ハイラックスサーフ

先代モデルまではベースがハイラックスであったのに対し、現行モデルはプラットフォームをランドクルーザープラドと共用し、完全なる3ナンバーモデルとなったハイラックスサーフ。若者の多様なライフスタイルに応える「スタイリッシュSUV」をテーマに、スポーティでパワフルなデザイン、洗練された室内空間、オンロードとオフロードの性能を高レベルで両立させた魅力溢れる車です。。

RAV-4

RAV4

見て、乗って、楽しいスモールSUV」という新ジャンルを切り拓いたRAV-4は、RAV4狩りとまで言われたほど盗難が集中した時期もあったほどの人気車種。車上荒らしも含め充分な防犯対策が必要です。

クルーガー

クルーガー

クルーガーは国外でも「ハイランダー (Highlander)」(オーストラリアでは日本と同じくクルーガー)の名前で販売されていたクロスオーバーSUV。2005年3月にはハイブリッドシステムを搭載した「クルーガーハイブリッド」(輸出名ハイランダーハイブリッド)が登場し、燃料電池自動車、トヨタ・FCHVのベース車にもなっている貴重な車です。

アウトランダー

アウトランダー

三菱が満を持して世に送り出した秘蔵っ子といわれるアウトランダー
「パリ~ダカールラリー」で名を馳せたパジェロ、「WRC(世界ラリー選手権)」で輝かしい成績を収め続けてきたランサーエボリューションに与えられた高度な技術を継承し、オンロード走行用に調律された「本格オンロードSUV」。アウトランダーは人気の高い車種なので、カーナビ、ホイールなどの部品狙いやバッグや車載物などの車上狙いに対しても十分な注意が必要です。

エスクード

エスクード

国外では初代がビターラ、2代目以降がグランドビターラの名称で販売されているスズキ・エスクード
モデルチェンジのたびに装備も豪華になり、カーナビ、ホイールなどの部品狙いやバッグや車載物などの車上狙いに対しては十分な注意が必要です。

レガシー

車好きには良く知られた完成度の高い車です。純正アラームが標準装備されるのでついつい安心しがちですが、先代のレガシーから車両盗難や車上荒らしの被害も多く、抜かりの無い盗難防止対策が必要です。

スバル・フォレスター

フォレスター

ワゴンより高い最低地上高とクロカンより取り回しやすいそのサイズが好評でアウトドアマンたちから圧倒的人気を得ているスバル・フォレスター 。 スタイルは個性的で、かつ奇抜ではない玄人好み。インテリアデザインはあくまでも大人しく、便利な収納スペースを数多く存在させるなど、まさに「道具」として使えるクルマ。 ローマでパトロールカーとして使われているそうですが、確認してみたいですよね。

ムラーノ

日産ムラーノ

北米の好調なSUV市場で、トヨタ・ハリアー(北米ではレクサスRX330)の人気を抑えたと言われるムラーノ。ムラーノグラスと呼ばれるイタリア・ヴェネツィアの美しいガラス工芸品に似た芸術的で美しいシルエットを持っているこの車、日本で待ち焦がれたファンの前に登場したのが2004年9月。翌年にはヨーロッパで販売を開始し、着々と販路を広げています。 因みにムラーノは灰皿が標準仕様ではなくディーラーオプションだそうで、さすが米国育ち!

ステージア

ステージア

STAGE」に「Advance(前進する)」の「A」を組み合わせたと言われる日産ステージア
セドリック、グロリアワゴンの後継車として名車スカイラインとローレルをベースに「変わらなきゃ変わらなきゃ」とイチローが言っていた先進のステーションワゴン。タキシードの原辰徳が似合うワゴンは今日のSUV時代の幕を開け、ドレスでもTシャツでも、海へもシアターへも、シーンを常にステージアップしてきました。ロングホイールベースや大径タイヤ、空気抵抗による車体の揚力(リフト)をなくしたゼロリフトなど、安心感のある余裕の走りを実現した通(つう)好みの車でもあります。

パジェロ

三菱パジェロ

パジェロはダカール・ラリー(通称パリダカ)に毎年参戦し優勝などの好成績を残していることから世界中に知られている三菱のフラッグシップモデル。雪国ではパトカーなど公用車として活躍したり、マスコミの取材中継車に使われたりとその足回りを生かしています。パリダカでは圧倒的な強さを誇り、三菱自動車は2001年以降、四輪部門総合優勝の7連覇を達成。まさにレジェンド。パジェロファンには嬉しい限りですね。

マツダ・CX5

SUVステーションワゴン

最近マツダがいいね。そうささやかれるマツダ車の中で、さらに気を吐くCX-5(シーエックス・ファイヴ)。常にクルマづくりに挑戦し続ける、新しいマツダから、新しいCX-5が登場しました。 クリーンディーゼルの胸のすくような加速感と、さらに磨きをかけたマツダデザインはため息が出るほどかっこいい

モバイル版に切り替え

PC版に切り替え